読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

ぺーぺーじゃにおたの雑記帳

もやもや

NEWS

不毛なことだとわかっていますが、どうしても吐き出したかったので。最近小山くんの件に関して思うこと。

 

私が気付いた時には噂が広まっていた状態だったから、事の発端の出どころがよくわかっていないし偉そうなことは言えないけど。

 

アイドルという職業柄、夢を見させてほしいというのもわかる。ショックだったというのもわかる。冷めてしまった気持ちもわかる。変わらず応援するという人の気持ちもわかる。だけど今回の件に関しては、ファン自身(もはやファンではないとも言えるけど)の手で夢を壊していった風にしか思えない。

 

「アイドルなんだから恋愛は隠し通して」

これはものすごくわかるけど、今回の発端は週刊誌に撮られたとか書かれたのではないのですよね?匂わせていたところがあったのならそれは本人の悪いところだと思うけど。

 後々出てきた音声ファイル(これは聞いていないから内容もわからないけど)や、プライベートのものと思われる写真達。これを撮らせる小山くんに自覚がなさすぎると言うけど…

それも一理あると思うけど、アイドルはプライベートで写真を撮ることも許されないのか?まさかばら撒かれると思って写真を撮ってはいないでしょう。これをばら撒いたのが小山くん自身なら致し方ないけど、誰がばら撒いたのでしょう?友人の中にそういう人がいるなら、小山くんは交友関係を見直した方が良さそうですね。

 

今でも彼のことを擁護する人のことを「都合のいいところだけ信じている」と言って馬鹿にして嘲笑う人もいるけれど、得体の知れない自称関係者の暴露を嬉々として広めている人たちは、「都合のいいところだけ信じている」人のうちには入らないのか?

 

最近SNSを通じての匂わせとか拡散とかが多く、あぁ現代特有だなぁとおばさんは思うのですが。知らないほうが良いこともあるのだよ、と改めて感じるばかり。特にアイドルに夢を見ているなら。もちろんアイドル本人も隠し通さなければいけないのが大前提だとは思うけど。

同担拒否ということ

雑記

この記事を読んで気分を害される方もおられるかと思いますが、どうかご了承ください。

 

 

 

この世界には同担拒否という言葉が存在しますね。私ももちろん知っていますし、その意味はわかっています。同担拒否に対しては良いとも思わないし悪いとも思わない、まあ言えば真剣に考えたことも向き合ったこともない、自分とは縁のないものだと思っていたのです。

 

 

私は同担拒否どころか同担大歓迎なタイプで、元々の担当グループ関係で仲良くしてもらってる人たちは8〜9割同担だし、いつも一緒にコンサートに行ってくれる子も同担。同じ気持ちを共有できるし、コンサートに入ってても同じタイミングで沸けるし、見てるところももちろん同じだからコンサートの後も「あの時のあれがこうだったよねー!」なんて細かい萌えポイントを語れたりして。ツイッターで新しくお友達を探す時もとにかく同担。同担さん大好き人間。

 

 

ところが、私、違うグループだとちょっと違うみたいなんですよね。そして最近気付いたんです。

 

…もしかしたら、同担拒否なのかもしれない…?

 

今思えば、まず新しく担当になったグループ関係のお友達を探す段階で、無意識のうちに他担さんばっかりに声をかけていた。この時点で、すでにこれまでとは全く違う行動をしていたんですよね。ありがたいことに向こうから声をかけてきて下さった同担さんもいます。もちろん今でも仲良くしてもらってるし、その人たちのことは大好きなんですよ。でも、これ以上自ら同担の友達を増やそうとは思わない。何というか、今仲良くしてくれてる同担さんのことは大好きだし話しててやっぱり楽しいんですけど、確実に今までと違う自分がいるんです。

 

例えばその同担さんのファンサの話を聞くと、一方では同担さんがファンサもらったら自分のことのように嬉しいのに、もう一方だとすごくもやっとするし、なんで私じゃないの?って思ってしまう。

 

例えばその同担さんが自担にデレデレな話をしてると、一方ではすごく共感できて乗っていけるのに、もう一方だと私だって負けないくらい好きなのにそんな話聞きたくないってシャットアウトしてしまう。

 

例えば友達が「最近友達が〇〇(自担)のこと気になるって言ってた〜」と話してたとすると、その子にオススメポイントをどんどん教えたくなるのに、片や身近に同担が増えるのが嫌だなと思ってしまう自分がいる。

 

おまけに、今後こちらで一緒にコンサートに行く子は絶対に他担がいいと思ってます。あんなに同担と入るコンサートが好きだったのに、そうは思えない。何でだろう?ずっと同担の子と入ってるから、たまには違う環境で楽しみたいから?それとも、自分だけにファンサをしてほしいから?かと言って、仮に隣同士になった知らない人が同担でも全く気にしないし、近くに同担がいても何とも感じない。仲のいい同担だけに嫉妬…?……ますます自分がわからない。

 

 

この世から同担が消えてほしいなんてこれっぽっちも思わないし、自担に自分だけを見てほしいなんて考えすらない。もちろん本気愛ではない。自担のことを応援する人が増えたらいいなと思うのに、増えてほしくないとも思う自分もいる。

 

 

同担拒否とは、どこからが同担拒否なのでしょう。今の私みたいな感じも同担拒否というのだろうか。いい歳してこんな感情を持つなんて思ってもみなかった。しかもグループによって違う。掛け持ちってこういうものなの?さすがにこんな話友達には相談できず、ここのところずっともやもやしています。

 

自分、同担大好きだけどもう一方では同担拒否気味…?こんなことあるの?自分自身に戸惑いを隠せません。しばらくは流れに身を任せるしかないのかな…。

QUARTETTOとNEWSに思うこと

NEWS

QUARTETTO終わっちゃいましたねー!(涙)

皆々様本当にお疲れ様でした!!

  

ありがたいことに、大阪1公演と東京ドーム2日間の計3公演に入ることが出来ました。特にオーラスはとても素敵な方にお譲り頂けて。大阪も友達のお誘いがあって入れた公演だったし、もう色んな方への感謝しかないです。ご縁ですね。ありがとうございます。

 

せっかくなので、ツアーの感想を残しておこうかと思います。本当にただの感想でレポでも何でもないです。思いのままに書き綴っています。記憶もほぼないし、語彙力もないです。すみません(笑)

 

 

 

今回入って思ったのが、NEWSとNEWSファンの関係って本当に素敵だなぁと。DVDを見て思ってたことなんですけど、とにかく暖かいんですよね。現場でもDVDの雰囲気そのままで。新規の私なんかがこんなにたくさんの幸せを貰っていいのだろうか…って何度も思いました。

 

それから、久しぶりに一体感というものを感じたコンサートでした。そんなにコンサートの経験多くない私が何言ってんだって感じですけど、とにかく熱量がすごいな、と。C&Rとか振りとかもめっちゃ揃ってる。

特にオーラスの日は開演時間が少し押したんですが(後に慶ちゃんがお手洗いに行っていたことが原因と判明)、18時すぎても出てこないNEWSに「早く会いたいよ〜!」って感じでコールしてたんですけど、最初まばらだったコールも段々増えていって会場全体が高まっていって…もうそれだけで泣けちゃう(笑)

加えてWアンコ前のコール。規制退場のアナウンスが2回ほど流れたと思うんですが、流れる度に大きくなるんですよ。「まだ終わらないで!NEWS出てきて!!」って。この時のボリュームの大きさ。オーラスだから余計だと思うんですけど、もうひたすら感動しちゃって。丸腰で出てきてくれたNEWSにもまた感動。あぁ、私NEWS好きなってよかったなぁ…と。

 

 

 

本編はとにかくNEWSがかっこよくて可愛かった…みんなアラサーとか嘘でしょ……あの4人がこの世に存在していることが奇跡だよね…(真顔)

それからファンのみんなに手を振ってくれたり、ファンサしてる時の顔が好き。大好き。とっても優しい顔してるんだもん…。

あと月並みだけど、衣装がほんとに素晴らしいよね。増田様ありがとう。

 

 

 

いきなりソロの話になるけど、慶ちゃんのソロはとにかく色気がもう…なんなのあの人…ギャップありすぎない?本当に普段ド天然かましてる人なの?可愛い慶ちゃんから色気たっぷりの小山さんのギャップ激しすぎない?

ソロでは着物っぽい衣装も相まって佇まいがすでにえろいよね(言い方)大阪の時は本当に間近で拝めたんですけどね、死ぬかと思った。「こやまさまぁぁぁぁ」ってなった…まじで。平伏すしかない。

 

シゲのソロ…イントロ聴いただけで泣けちゃう…シゲのソロって世界観がはっきりしててひとつの物語を見てるみたいで大好きなんです…(語彙力)

無重力の中宙を歩いているような振り付けとか、渡り鳥の〜の振りも好き。あと途中でシゲが息をふっと吹いたらペンライトが一斉に点く演出があったんですが、それがめっちゃ綺麗でした…ファンタジーだわ…。何よりシゲ本人も美しすぎた…

 

まっすーのソロはかっこいいしかなかった。ほんとに。やっぱり無音から始まるのずるいわ〜〜。そして声良すぎ問題…あんな声で「わっちみー」とか言われたらもうまっすーに穴が開いちゃうくらい見るしかないよね…でも自分なんかが見たら罰当たりそう…でも見たい…←

残念ながら真正面から拝めることはなかったんですが、それでよかったかも…殺られてたかもしれないから。とにかくダンスもかっこよかったし、声良すぎですよね?(2回目)

 

てごちゃんのソロはペンライトとうちわ握りしめてただただ聴き入ってた。棒立ち。家でCD聴いてる時はわりと何回も泣いたんだけど、生で聴いてる時は泣く余裕すらなかった。途中のアカペラになって大サビ前で伴奏が入ってくるところとか鳥肌ものだったなぁ。

てごちゃんって本当に歌上手いですよね…(今更)アカペラの部分とか息をするのも忘れちゃうくらい引き込まれたし、表情も最初は優しい顔してるのに段々……あっ、これ書いてて泣きそう…駄目だ……

 

でも最初の名前の件は本当に残念だった。怒りしかなかった。

そんな中でも表情を崩さず、観客を楽曲の世界にぐっと引き込む手越くんかっこよすぎた…。当たり前のことかもしれないけど、彼の一貫した集中力とプロ意識に脱帽。あぁ、好き。(どさくさ)

  

 

東京1日目で一番びっくりしたのは、やっぱりマエストロ西本さんとイルミナートフィルハーモニーオーケストラの皆様の登場。

幕が上がった時にアリーナから順番に歓声が上がっていって、何だろ?と思ってたらまさかの西本さん…!!!いやー本当にテンション上がった。私自身がちょいと楽器を嗜んでいるので(あまり書くと身バレしそうなので濁しとく)、生オケバックにNEWSが歌っているのを生で聴けたっていう事実がもう…!!感涙!!

四銃士の衣装も大好きだからNEWSほんとかっこよかった…西本さんもかっこよかった……

 

あとはWonder…私さっきからかっこいいしか言ってないけど、Wonder本当にかっこいい…衣装も最高……

大阪の時はめちゃめちゃ近くで見れてただただ圧倒。東京では全体が見渡せたのと特効がめっちゃ派手で、これぞドーム!!って感じで。

まっすーの「わんだー…」はけしからんし、てごちゃんの「わんだあああああああああ」にはぶっ倒れるかと思った。ごめんなさい、かっこいいとか言ってるけどほとんど記憶ないです←

 

DepartureはMIX(と言うんですね)が楽しすぎたし、恋のABOとかはとにかく踊った。

そうそう、NEWSKOOL、あれもめっちゃ可愛いですよねー!衣装も可愛いし振り付けも可愛いーー!!てごちゃんは背中にEncoreって入ってたはずだけど、他の3人は何か文字入ってたのかな…?

 

 

MCもめっちゃ笑ったなぁ…まさか4人ともトイレに行くなんて思ってなかったし(大阪の時はてごちゃんが行ってた)、その流れでテゴマスが聴けるなんて思ってなかったし…。ヲタあるあるも面白かった。1日目にチャリティTシャツ着たマネキンを抱えた慶ちゃんを見てシゲが「えっちぃな…」って呟いた真意はいまだにわかりませんが←

 

 

 

なんかもう、うまく締められないですけど、QUARTETTOに行けて本当によかったなぁって、今しみじみと実感してます。色んな意見はあるみたいだけど、私はとっても楽しかった!これも新規だからかもですが。元々自担グループには甘々な傾向にありますし(笑)

 

なんというか…早いものでNEWSを好きになってもうすぐ1年が経とうとしてますが、もっと早くNEWSを好きになってればなぁとはもちろん何度も思うし、悔しいなぁとも思います。でも、私が好きになったタイミングがここだったのは、やっぱり何かの運命だったのかなぁって思えるようになりました。

正直、初めの頃はすぐ飽きるかなって思ってたんです。一時の自分のブームかもって。でも今じゃ掛け持ちではあるけど一番好きなグループになっています。

私みたいな新規が増えることで、今までとは変わってしまうこともあるんだろうと思います…そう考えると、私なんかが好きになってよかったのかなぁなんてネガティブになってしまったりするけど、シゲが言っていた「もっともっと高みを目指して頑張っていきます(みたいなニュアンス)」という言葉を聞いて、やっぱり私も応援していきたい、その先にある景色を一緒に見たい、と心の底から強く思いました。

  

「大きくなっても距離は変わらないよ(というニュアンス)」の言葉にも、きっと色んな意味が含まれているんだろうなあと感じました。これからNEWSはもっともっとたくさんの人に知っていってもらって、それに比例してきっと会場も大きくなっていくのでしょう。これまでより(物理的な)距離も大きくなってしまうと思います。正直私も寂しいです。でも私は、NEWSはもっと上にいくべきグループだと思っています(ちょっと日本語おかしい…)だってこんなにも愛に溢れた、魅力たっぷりなグループなんだよ!?

知り合いの他担の人に「NEWSはまだ大きいところではやらせてもらえないんだね」って言われた時、すごく複雑だったんです。会場の大きさが全てじゃないんだよって言いたいのと、やっぱりそう思われちゃうのか…っていうのと。いつかNEWSが5大ドームをまわれる日が来たらいいなあって思っています。

……でもでもやっぱりアリーナもまわってほしいので、てごちゃんその辺の主張はよろしく!(笑)

 

 

 

…なんだか最後はQUARTETTOと全く関係のない話になってしまいましたが(笑)しかも支離滅裂だし、これあとで読んだら絶対恥ずかしいやつ(笑)

 

とにかく、今回のツアーでますますNEWSのことが好きになりました。これからもっともっとNEWSのことを知って、応援していきたいと思います。まずは新曲と24時間テレビ!楽しみですね!!

最高の四重奏

NEWS

お題「初めて○○のコンサートに行った日」


せっかくなのでNEWSのことも。思いのままに書き殴っているので、読みにくいかと思いますがどうかお許しを…



私の初NEWSはなんとQUARTETTO。とても最近の出来事。私にとって、NEWSを好きになってすぐにFCに入って以来、待ち侘びていたツアーだった。


一番近場でアリーナクラスの大阪公演に入りたかったのだけど、私が当選したのは東京ドーム公演だった。チケットを探していたけどなかなか見つからず、今回は縁がなかったのだなと諦めかけていた。


そんな中、ある日いつも通り仕事を終えてスマホをチェックしていると、ジャニオタの友人から一通のLINEが。


友「大阪入れる人探してるんだけど、どう?」
私「行く行く行く!!!」


即答だった。NOと言うわけがない。というわけで、有難いことに大阪公演に行けることになり、これが初めてのNEWSコンになったのである。

大阪公演に入れるだけでも舞い上がっていたのに、なんと席がアリーナAブロだというではないか。しかもメインステからセンステに続く花道の真横。こんなこともうないかもしれない。生きて帰って来れるのだろうかと本気で心配した。まあ今こうして呑気にブログを書いているのだから生還できたわけだが。にしても、嵐の時といい私の初コンは恵まれすぎではないだろうか…怖い。怖すぎる。どちらも私の名義ではないがな…!!



当日はそれはそれはテンションが舞い上がっていた。その日の為にお肌の調子を整え、化粧もばっちり決めた。ネイルにも行き、人生初のヘアメをしてコンサートに入ることも経験した。普段はしない系統のちょっと可愛めのコーデにしてみた……かったのだが、それは出来なかった。


大阪城ホールSexy Zoneのコンサートでしか入ったことがなく、しかもその時はボックス席とかそういう系の席(名称が思い出せない…)だった為、どういう距離感なのかとかいまいち掴めずにいたのだが、会場に入り席についた瞬間とりあえず一度死んだ。


ち、近い…近すぎる……


双眼鏡を忘れたことを後悔していたが、そんなもの必要がない距離感だった。ここをNEWSが通るのかと想像しただけで倒れそうだった。コンサートが始まる前からこれではどうなるのか。いい歳をした大人が年甲斐もなくドキドキワクワクしながら開演を待った。


そして…QUARTETTOの幕が開いた。




申し訳ないが、今回もまた公演中の記憶がほとんどない(笑)


まず、NEWSって実在するんだ…と思った。こいつ何言ってるんだ頭おかしい、と思われるかもしれないが、手越くんのみならずNEWS全員が架空の人物なのではないかと疑っていた。それほどに私にとってNEWSは尊い存在なのである。

間近で見た4人は本当に王子様だった。みんな格好良くて美しかった。画面越しに見るより何倍も魅力的だった。月並みな言葉しか出ないが、特にコヤシゲは本当に格好良い。スタイル良すぎ。


そして歌が上手い。NEWSは全員上手いと思うが、やはりテゴマスの歌の上手さは格別だった。自分が手越担だからだと思うが、手越くんのソロでは涙腺が崩壊した。詳しくは書けないがあのアレンジはずるい。泣かざるをえない。


他にも驚くような演出があったり、ダンスもたっぷりと堪能できたし、それから衣装が可愛い。増田さん素晴らしい。MCも爆笑ものだったし、ペーペーの私が言うのもなんだが、何よりNEWSのファンへの愛を感じた。



あっという間にコンサートは終わってしまった。とてもとても楽しかった。NEWSからたくさんの元気をもらった。こんなにもまた行きたい!と思えるコンサートは初めてだった。


贅沢なことに、明後日またNEWSに会うことができる。ドームではまた違った四重奏を聞かせてくれるのだろう。今からワクワクが止まらない。

美しい世界だった

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

みなさんの記事を読んでいてものすごく楽しかったので、私も軽率に参加してみようと思います。ブログ作ってみたものの、何を書けばいいかわからなかったのでちょうどよかったし…!




初めて嵐のコンサートに行った日。

2012年1月4日の京セラドームで行われた「Beautiful World」が、私が初めて行った嵐のコンサート。
ファンになるのが遅かった私、10周年のコンサートには間に合わず、風景は当たり前のように落選で参加できず、今回も駄目だろうと思っていたところ、なんと母の名義で当選。二人でものすごく喜んだことを覚えてる。
厳密に言うとその年のワクワク学校が初生嵐だったけど、まああれはコンサートではないので今回は割愛。

とにかく楽しみで仕方なくて、毎日毎日うずうずしてたわりには準備が遅くて、うちわとか直前になってかなり焦って作ってた記憶が。この辺り今と全く変わってない(笑)
そして初嵐コンにしてアリーナ(しかもトロッコ通路真横)という何とも大変な事態に。母名義恐るべし。


その年は確か夏にも大阪公演があって、グッズは既に購入済み。コンサート当日はかなりゆっくりのんびりしてた。化粧もかなり気合い入れて、私なりに精一杯お洒落して。

家を出て大阪に着いたら既に嵐ファンがたくさんいて、今日本当に嵐に会えるんだって改めて実感した。


会場に入って席に着くと、まずトロッコの通路がすぐ横にあることに気付いて「どうしよう、これはとんでもない席に来てしまったかもしれない」って思った。ファンサもらえるかな?なんてちょっぴり期待もした。もらえなかったけどね(笑)


開演時間が近付くにつれて客席が段々と埋まってきて、ふと周りや上を見渡してみたら当たり前だけど人がたくさんいて。この大勢の中の一人なんだって思うと、不思議な気持ちになった。


そしていよいよ開演。これは今もだけど、コンサートが始まるあの瞬間が大好き。照明がばっと落ちて、熱量のある歓声が上がって、ああこれから夢の時間に連れてってくれるんだなって思うと泣きそうになる。


オープニングの映像が流れて、いよいよ嵐が登場。会場のボルテージもMAX。


…ここまで引っ張っておいて申し訳ないが、正直この時のコンサートの最中のことはあまり覚えてない。これ、初参戦あるあるだと思う(笑)


ただ、大野くんが通ったあとにものすごくいい香りがしたことと、相葉ちゃんのキラッキラの笑顔が眩しすぎたこと、櫻井くんは皇室か!ってくらいクールに手を振っていたこと(褒めてます)、二宮くんのあざと可愛いファンサ(褒めてます)、そして松本くんだけがこちらに来てくれなかったこと……(あの背中だけは一生忘れない)

いつもDVDで見ていた世界が今実際に目の前にあって、しかも自分がそれに参加しているという、まさに夢のようなひとときで。本当に楽しかったし幸せだったなぁ。


有難いことに、これ以降わりとコンスタントに参加させて頂いているので、最近はこの時のキラキラした初心の気持ちを忘れてしまっていたかもしれない。



今回のアリーナツアーは参加できないから、次のツアーが本当に待ち遠しい。次はどんな世界を見せてくれるのかな。

はじめまして

勢いで作ってみちゃいました。


自分用の備忘録として、また普段の思いを吐き出す場として活用できればと思っております。


ブログというもの自体を始めてやるので、自分としても未知の世界でございます。続くかな〜?